2016年4月5日火曜日


 
ちゃんとごはんをつくろう、と思った。
美味しいものを食べよう、と思った。
薬味が大好きなのに
ぜんぜん薬味をとっていない、と思って
スーパーへ行ってミョウガと紫蘇とショウガを買う。
香りのあるもの、と思ってセロリも買った。
お肉も買った。調味料も買い足した。
 
「俺、ひとりでご飯食べられへんかって、ひとりで暮らしてたとき、飯ぜんぜん食えんくなって。力もでーへん。あかんなって思って考えたときに、ひとと一緒なら食えると思って、こうやって人と外で飯食うようにしたな」
 
石山さんは一昨日、そう話していて
もしかしてご飯に声かけてくれたのは
最近体調を崩したわたしが
ちゃんと食べてないんじゃないかと思ったのも
あったのかもしれない。
翌朝、ふとそう思った。
 
実際、全然ちゃんとご飯を食べていなかったから
美味しいものを作って食べよう、と思った。
 
セロリと豚ひき肉でそぼろを作る。
茄子を煮浸しにする。
白いごはんをよそってちゃんと食べた。
 
ひとりだと、早食いになるな
と思って
途中から意識してよく噛んだ。
 
そぼろが美味しくて
ごはんをおかわりした。






 


 
 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿