2016年5月25日水曜日


きのうの帰り道
もうすぐ引っ越していくなっちゃんが
「その自転車置いていっていい?」
と言った。
 
わたしはずっと、なっちゃんとけんちゃんから借りた自転車に乗っている。
白い自転車。

リサイクル品を買った、と言っていた自転車は
けっこう年季が入っているので

この間は盗難車かと疑われ
はじめて警察に呼び止められた。
 


泊まりに来ていたかげちゃんを後ろに乗せて
遅刻ぎりぎりのところ、ふたり乗りで切り抜けもした。
 
もう思い出が出来ている自転車だ。
 
 
自転車屋さんに空気を入れてもらった時
「チェーンがかなり錆びているので、いつ切れてもおかしくない」
と言われてから
チェーンが切れて転ぶイメージが時々頭をよぎり
どこかビクビクとしていたので
さっき思い立って自転車屋さんへ入り
チェーンを取り替えてもらった。
なんのことはない、すぐに新しいチェーンになって
ペダルのまわりもスムーズになった。
 
 
堀江が近い西区は
おしゃれな自転車に乗った人が、さっそうと走り抜けていったりする。
 
目に入れば、いいな、と思う気持ちもあるけど
 
自分が大切にできる自転車は、大阪に来て何もわからないときに
けんちゃんとなっちゃんが貸してくれた自転車の他にないと思う。
 



 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿