2016年5月29日日曜日



archipelagoの帰りに、三田でkibitopanに寄った。
翌日、新しいお皿にパンをのせて朝ごはんにする。
 
美味しいパンを久しぶりに食べた。
元気がでる。
 
朝食の準備をしていた時
電子レンジの上に置いていたマグカップに
ふりむきざま、手があたってしまい
ぽーんと投げ出されたマグカップ
あ、と思った時には床に落ちて綺麗に割れた。
 
携帯電話を落とした時もそうだったけれど
不思議と動揺なく、あ…と思って
それから金継ぎをしよう。と思ってかけらを集め、
新聞紙に包んで戸棚に閉まった。
 



ここのところ、身の回りがずっとぱたぱたとしていた。

介助の仕事先でヘルパーさんが緊急入院したり
そこでスケジュールがぐるっと変わって
ぱたついている中、はじめて電車の乗り継ぎを間違えて遅刻したり
 
引越、出産、
 
乱気流
 
ただ、緊急入院したヘルパーさんに関しては
ひとりの時に倒れていたらきっと命がなかった。
たまたま延長していた勤務中にことが起こり、
緊急搬送されて助かったという。

事業所の代表の女性は
「いつか起こることが、起こるときに起きて、偶然が重なって、助かった。
 倒れるときを、自分で決めていたんじゃないかと思うくらい。
 倒れたヘルパーさんは、自分の命を、長年介助していたその利用者さんに
 たくしたんじゃないかなと思う」
と、口にした。
 
わたしは、そういうことも、もしかしたらあるのかもしれない。と思った。
 
 
 
割れたマグカップを集めるとき
「身代わりやな」と
携帯がこわれた時に聡くんが言ったことばが
もういちど頭に浮かんだ。
 

そうかもしれない、と思った。
 
 
じっとじっと、していよう。抗わずに。と思う。
なるべくところに、ことが流れていくように。




雨があがって夕方
空気がすんで、すこしひんやりとしている。
 
夕陽が透明で
歩く人が金色をしていた。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿