2016年6月28日火曜日



もさっとした髪を切ってもらいに
くぼやんのお店へ行く。

お店のそばの商店の庭先にノウゼンカズラが咲いていた。
オレンジ色の、あまい色。空気に色が、溶けていきそうな。
 
「やぁやぁ、なおちゃん」
そう言ってくぼやんは迎えてくれる。
 
髪を切ってもらいながら話した、くぼやんのことばが
2日経った今も、指のあとみたいに、こころに残ってる。
 
「九条にはfence worksがあるから住んでて
 だからみんなが出かけたりして九条からいなくなると
 由来がなくなって、わたしなんでここにいるんだろうなぁと思う」
と話したら、
くぼやんが大正にある喫茶店を教えてくれた。
「人が由来になってる、となおちゃん言ってたけど、
 繋がる場所がある、というのもいいかもしれないね」と言って。

帰り際
「またうちでごはん食べる機会つくろう」と
言って見送ってくれる。
 
 
髪の毛はまた、短くなった。
耳も、目も、髪の毛に隠れなくなった。
 
夜の黒。
 
くぼやんのお店があって、暮らす家のある場所から
ゆっくり阪急電車に乗って帰る。

阪急梅田から、ざわざわと人の多いJR大阪駅に乗り換えて大正で降りる。
 
大正駅を降りるとすぐに、大きな川があって
橋を渡るとき時々、潮の匂いがする。
海が近いから。
 
事務所に自転車を置いていたので、
22時頃事務所に着くと、仁美ちゃんも聡くんもいる。

海の近くの川は
潮の満ち引きで
水嵩がふえたり、へったりするのだそうだ。
 


 
 



0 件のコメント:

コメントを投稿